海岸山脈(かいがん-さんみゃく)
  1. 海岸山脈(かいがん-さんみゃく)
かいがん-さんみゃく

詳しい紹介

台湾島東部を南北に縦貫する山脈で、海岸山脈が属するフィリピン海プレートと花東縦谷から西の地域が属するユーラシアプレートとは互いに衝突していることから、北は花蓮県渓谷から南は...

詳しい紹介
海岸山脈(かいがん-さんみゃく)

台湾島東部を南北に縦貫する山脈で、海岸山脈が属するフィリピン海プレートと花東縦谷から西の地域が属するユーラシアプレートとは互いに衝突していることから、北は花蓮県渓谷から南は
卑南大渓谷まで、北東から南西に向かって伸び、全長およそ175km。海岸山脈は五大山脈一番低いし、平均標高は1000m、最高峰は新港山。

海岸山脈の地形と地質は相当に特別し、地形は東側と西側で複数の平行主稜が分布する小稜にあり。地質は泥岩(リッジ層)と火山集塊岩など2種類の特別な岩層を構成する、火山集塊岩の岩質が硬いため、高くそびえ立つ山を形成しています。たとえ都蘭山は火山集塊岩を中心とした山脈である。