玉山山脈(ぎょくざん-さんみゃく)
  1. 玉山山脈(ぎょくざん-さんみゃく)
ぎょくざん-さんみゃく

詳しい紹介

台湾南部の中央山脈の西側に位置し、台湾南投県水里鄉、南の高雄市六亀区十八羅漢山付近までの総延長180km、台湾百岳標高ランキング十位、第一位玉山主峰、第三位玉山東峰、第四位...

詳しい紹介
玉山山脈(ぎょくざん-さんみゃく)

台湾南部の中央山脈の西側に位置し、台湾南投県水里鄉、南の
高雄市六亀区十八羅漢山付近までの総延長180km台湾百岳標高ランキング十位、第一位玉山主峰、第三位玉山東峰、第四位玉山北峰、第五位玉山南峰と第九位東小南山は玉山山脈に属する。

台湾の最高峰は玉山(玉山主峰とも)の海抜3,952メートルであり、玉山山脈における標高3,000メートル以上の山は22、その内台湾百岳に指定されている山が12ヶ存在する。玉山山脈の地形は北端の玉山山脈最も高く、南西の屏東平原へ徐々に下がっていきます。五代山脈の中で最も短い山脈である。