「中央山脈」(ちゅうおう-さんみゃく)
  1. 「中央山脈」(ちゅうおう-さんみゃく)
ちゅうおう-さんみゃく

詳しい紹介

北の宜蘭県蘇澳南方澳と東澳の間に烏岩角から、南の台湾最南端の鵝鑾鼻にかけて、北北東から南南西へ台湾本島を貫きます、500キロメートルにわたって台湾本島一番長い山脈である。

詳しい紹介
「中央山脈」(ちゅうおう-さんみゃく)

北の宜蘭県蘇澳南方澳と東澳の間に
烏岩角から、南の台湾最南端の鵝鑾鼻にかけて、北北東から南南西へ台湾本島を貫きます、500キロメートルにわたって台湾本島一番長い山脈である。地形に関して東部は険しいが、西部はなだらかです。台湾百岳に指定されている山が69ヶ存在する。中央山脈は標高3000m以上の峰は138ヶ所に上ります。人気な高峰は湖大山、合歡山、奇萊主山北峰、奇萊主山、能高山、丹大山、秀姑巒山、關山など、中で中央の秀姑巒山(3,825m)は中央山脈の最高峰。