雪山山脈(せつざん-さんみゃく)
  1. 雪山山脈(せつざん-さんみゃく)
せつざん-さんみゃく

詳しい紹介

中央山脈の北西に位置し、北東から南西に向かって伸びている。北端は新北市貢寮区の三貂角であり、南端は南投県名間郷の濁水渓北岸にある濁水山となっている。

詳しい紹介
雪山山脈(せつざん-さんみゃく)

中央山脈
の北西に位置し、北東から南西に向かって伸びている。北端は新北市貢寮区三貂角であり、南端は南投県名間郷濁水渓北岸にある濁水山となっている。全長はおよそ260km、幅はおよそ28km。雪山山脈は台湾で最も北に位置する山脈で、峰は20ヶ所にある。有名な高峰は雪山、大霸尖山、品田山、大雪山、大劍山など、最高峰は雪山主峰(3,886m)称次高山脈